収納庫

2LDKに一人暮らし。すっきりシンプルなインテリアを目指しています。

増税前のお買い物 iMac27インチ

増税前に買った大物さんがこちら、iMac 27インチ。

f:id:shirohasu:20191007071104j:plain

サイズ、スペック、そしてどこで買うのか、大いに悩みました…

 

スペック

・2019年モデルのiMac27インチ(梅タイプ)

・メモリは一番安い8GB(appleのカスタマイズより後付けする方が安いので)

・ストレージは512GB SSD(HDDより長期的に使えそう)

・マウスの代わりにMasic Trackpad2(単純に新しいものを試したかった)

 

f:id:shirohasu:20191007071224j:plain

 

用途としては大したことないのです。

iPadのお絵描きソフトでちょっと落書きしていたのをもっと大きい画面で描きたい、くらいのものです。

あと、気になっているゲームがPS4では出てないのでやってみたいなと。

 

そんな程度なので一番安い21.5インチの梅タイプでもよかったのかもしれません。

ただ、職場で色再現性の高い校正用モニター27インチに慣れてしまっているので、Apple storeで実物を見てしまったら21.5インチはないなと感じてしまいました。

 

27インチだと後付けでメモリを増強できるというもの決め手になりました。

おそらく10年くらい使うだろうし、その間に趣味が増えないとも限らないし。

ストレージもいまの私にはオーバースペックだなあと思いつつ、10年後にはスペック不足になるのだろうし。

それにSSDはファンの音がほとんどしなくて本当に静かです。

 

 

楽天Rebates経由Apple store

仕様が決まれば次はどこで買うか。

カスタマイズするとなるとApple storeで買うしか選択肢がないようです。

家電量販店だとポイントがついたり多少なりともお得に買えるのですが残念。

 

そういえば楽天Rebatesでappleマークを見たような気がする…

と思っていたらビンゴ。ありました。

www.rebates.jp

 

9月の楽天スーパーセールの時期に、楽天RebatesでApple storeMacを買うとポイント5%というイベントが一日だけあったのです。(その日を過ぎるとスーパーセール期間でも3%、普通の日は1%)

これは2019年9月時点で一番お得に買えるのはこの日しかないと観念して(?)えいやっと決めました。

 

メモリの増強

後でメモリを追加するつもりならセッティングの前にやってしまって面倒をひとつ減らそうと、9月のスーパーセールの時期に16GBメモリ×2枚も買っておきました。

これで8GB(iMac初期メモリ)+32GB(後付けメモリ)=40GB になります。

十分十分。

 

はじめてのロイヤルコペンハーゲン

 

f:id:shirohasu:20190908112745j:plain

 

数年前に海外インテリアブロガーさんたちが取り上げ始めた頃から少し気になっていたロイヤルコペンハーゲン

「いつかロイヤルコペンハーゲンが買えるとき(価値がわかるとき)が来るのだろうか」と遠巻きに見ていた大人の食器です。

きっかけは忘れましたが(たぶんIGで見たか何かで)ふと、自分の暮らしの中にこのロイヤルコペンハーゲンがあってもいいのでは?と思い興味を持ちはじめました。

 

まず最初はベーシックなブルーフルーテッドシリーズから選ぼうと思ってましたが、いざ店舗で実物を前にすると対称形に綺麗に描かれた模様にピンとこない。

このマダム感は私にはまだちょっと早かった?と名残を惜しんでいたところ、最後に目が合ったのがブルーエレメンツのC&S。

おっ、これは!とmy first ROYAL COPENHAGENに出会えた瞬間でした。

 

f:id:shirohasu:20190908112706j:plain

ブルーエレメンツはブルーフルーテッドのモチーフをいいとこ取りして再編集したシリーズのようです。

後から調べると、ルイーズ・キャンベルによる2008年のデザインで比較的新しめのシリーズでした。

お店のスタッフの方に「別シリーズをミックスさせてもコーディネートできる」といろいろ提案していただいたので、私もそのときどきでピンときたものを少しずつ集めていこうかなと思います。

 

まずはこのシリーズのC&S1セットを手に入れて3週間、早くもお皿も欲しくなっています。

プレート、ボウルと一揃い手に入れて、ダイニングテーブルに「ロイヤルコペンハーゲンの朝食」を並べてみたい。

 

f:id:shirohasu:20190908112154j:plain

 

 

    

 

静かな寝室・マットレスの新調

マットレスを新調しました。

夏のボーナスで奮発したのでかれこれ4ヶ月経ちまして、すっかりこのマットレスにも慣れました。

 

f:id:shirohasu:20181021113347j:plain

 

前のマットレスは店舗で試し寝したりせずネットでなんとなく選んだので、たぶん自分に合ってなかったと思います。

睡眠が浅くて起きたときから疲れてるし、歯ぎしりで顎関節がズレて口が開かないこともしばしば。(毎朝自分で骨をカクンと戻してます)

いい加減自分で自分のメンテナンスをしないとな、という気持ちでマットレスを探し始めました。

 

前提としてまず、コイル式はなし。

寝ているときにときどき、コイルがビョーンと動いて目がさめることがありました。たいしたメンテナンスもせずに7年近く使っていたから寿命に近かったのでしょう。

あと中に金属が入っていて重すぎるマットレスはひっくり返したりベッドメイクが億劫になるので、なるべく軽くて取り扱いしやすいものが希望。

 

そういえば愛読している素敵なブログで紹介されていて知った、高反発マットレスマニフレックスはどうなんだろう。軽くて取り扱いがしやすそう。

それからマットレスを新調するなら、次はどちらかというとやわらかめがいいな、と漠然と思っていました。 

以前宿泊したことのあるロサンゼルスのホテルのベッドがやわらかめのマットレスでとても好みでした。どこのマットレスかはわからないけど。

 

幸いマニフレックスショールームが行動圏内にあり、見学に行ってきました。

 

f:id:shirohasu:20181021070856j:plain

ショールームでは固い→柔らかい順に紹介していただきました。

モデル256とモデルトリノはとにかく固くて却下。

続いてマニフレックスを知って最初に良さそうだと気になっていたフラッグFX。

ふんわりとしっかりが両立していてなかなかよい。でもいまのマットレスとあまり寝心地に差がなくて買い換えるほどではない気もする。

 

その次に私の体型(中肉中背の標準体型)だとこれがいいのでは?とスタッフさんにおすすめしていただいたのがモデルローマ。

こちらはふんわりというよりしっとり。

一度横になると離れがたい気持ち良さ!

柔らかすぎるのはどうなのかなあと心配になるくらい柔らかいのに、横になるとそうでもなく寝返りもころころできます。

起き上がろうとするとやや沈み込んでよいしょとなりますが、フラッグFXとモデルローマとを何度も往き来してみると、やはりモデルローマのほうがしっくりきました。

 f:id:shirohasu:20181021070635j:plain

この5cmのエリオセル・マインドフォームというのが、しっとりしていて気持ちいい!柔らかいマインドフォームが身体のカーブに沿いつつ、その下の10cmのエリオセルがしっかり支えてくれているので沈みこみすぎずちょうどいい感じ。

もっと体重の重い男性だと固いほうが合うみたいですね。アスリート向けのマットレスなんかはもっと固いウレタンが使われています。

 

マットレスはこのモデルローマにする!と心に決めたその次はサイズ。

現在のフレームは賃貸時代から続投のセミダブル。

マットレスが12年保証という長寿命だそうで、ということはいまセミダブルを買ってしまうとあと12年セミダブルのままか…

ここは観念してダブルに決定しました。

 

ショールームで持たせてもらった感じでは、シングル・セミダブルまでは私でも動かしやすい重量でしたが、ダブルになると途端に重量オーバー感が出てきます。でも前のマットレスよりは断然軽いので許容範囲とします。

 

散々お試しさせていただいておきながら、直営のショールームではなく6月の楽天スーパーセールでクーポンが出ていたショップで購入。

クーポンで10%OFFと買い回りやらなんやらのポイントを合わせると、高額ながらかなりお得に購入できました!

直営店でもひんやりする敷きマットのプレゼントとかポイントとかつけていただけたんですが、リネン類は他で選びたかったので…すみません。。

 

楽天のお店も正規代理店ですし、購入後に「高額商品なので確認のため」と購入店から受注と発送連絡の丁寧なお電話もいただきましたよ。

 

長くなるので買い替えたベッドについてはまた次回。

 

北欧アートポスターとオーク材フレーム

新築マンションに入居して2年。

当初は狭い賃貸からの引越しということもあって必要なものだけですっきりしたい!という気持ちが強く、装飾的なものに気が向きませんでした。

 

すっきりした空間も満喫し、少し物足りない気持ちも出てきて、玄関に昨今流行りの北欧アートポスターを導入。

f:id:shirohasu:20180613224450j:plain

f:id:shirohasu:20180613224040j:plain

Atelire CPHのポスターです。

 

部屋の建材がナチュラル系ベースなので、アクセントというほど強すぎず、でも程よく変化がついて気に入ってます。

 

f:id:shirohasu:20180613224826j:plain

フレームはKOZ LIFEさん取扱いのオークのフレームに。

裏が欠けていたりと輸入品らしい雑な作りも感じますが、細い角フレームでオーク素材、というのが意外と選択肢がなかったんですよね。

表面も厚手のアクリルでしなったような反射もなく、オークの木目もしっかりあっていい感じ。

 

 

フレーム裏に付いている金具が、壁美人の引っ掛け側の金具にぴったりフィットします。

 

2LDKにBKFチェアがやってきた

2LDKのうちのひと部屋は、窓のない中部屋。

マンション契約当初から使途不明の部屋だなとは思っていましたが、予算との兼ね合いで妥協した部分でもあります。

この部屋ではストレッチをしたりアイロン掛けをしたり。日々の生活の中では滞在時間の短い部屋になっていました。

f:id:shirohasu:20180318145340j:plain

 

家具を入れてちゃんと部屋っぽくしたいとずっと気にかかっていた中部屋。

ワーキングチェアを入れてしっかりデスクに向かえる書斎にしようかと思っていましたが、コンランショップで一目惚れしてしまったBKFチェアに決定!

f:id:shirohasu:20180318145423j:plain

とはいえ、買ったのは楽天にて。

↑こちらのお店で元々ポイント10倍+スマホエントリーでさらにポイント10倍になっていて、楽天イベントでの10倍やらなにやら色々付く時期を狙ってポチ。

 

立ち上がるときに後脚が浮かんでガタっとなって床が傷つきそうだったので、急いでラグも導入。

f:id:shirohasu:20180318145443j:plain

急遽探したわりにはなかなかいいモノ選びができたと気に入っているラグです。

 

f:id:shirohasu:20180318145436j:plain

 

青いクッションはコンランショップのもの。

コンランショップで黒いBKFチェアとこの青いクッション、グレーのシープスキンを組み合わせたスタイリングに一目惚れしたのでした。

 

ちなみに青い表紙の本は、2018年4月27日公開の映画「君の名前で僕を呼んで」の原作本。

いまはこの映画に心を奪われています。 


 

クローゼット整理

仕事が一息ついた三連休、ようやく衣替えをしました。

 

f:id:shirohasu:20171107220154j:plain

 

まずクローゼット全部出しをして、

→夏物をたたんで右クローゼットの無印PPボックスに収納

→冬物ニットは左クローゼットの引き出しへ

→中央は年中固定のアイテムをハンガー掛け

その他、バッグを整理したり古いインナーを処分したり。

 

こうしてみると、服は多いほうなのか少ないほうなのか。

羽毛布団と毛布が現在使用中なのもあって、スペースとしては割と余裕があるように見える気がする。

冬物コートがダッフルとダウンしかないので、年相応の綺麗なコートも欲しいなって思います。

コートだけじゃなくて全体的にラフな服が多いのかなー

最近は「身繕いをきちんとしたい期」のようで、欲しいものとお小遣いの釣り合いを取るのが難しいです。

 

それにしても、整理はできても美しくはならなくて、どうすれば映画みたいな美しいクローゼットになるのかわからない。

とりあえずプラスチックの収納ケースは美観を損ねると思いました。ちょっとずつ減らしていこ。(これでも今回の整理で2ケース減らした)

 

ちなみに左クローゼットの引き出しは、入居後にデベのサイトから注文しました。

棚板やクローゼットポールを売ってるサイトで引き出しもあったんです。

右クローゼットもゆくゆくは同じ引き出しを入れたいと思ってたのに、いつのまにか取り扱いがなくなってしまって。残念。

 

大手キャリアから格安SIMに乗り換えました

通信費節約の鉄板ですね。格安SIM

2017年5月の話ですけれど、mineoに乗り換えました。

f:id:shirohasu:20170903175617j:plain

 

2年前に一括で購入したiPhone6ですが、2年縛りが終わると割引がなにもかもなくなってしまって1ヶ月6,000円くらいかかるようになってしまいます。

2017年現在の価値観からすると、外出時のネット代とたまの電話に6,000円も払う価値はないよな…

iPhone6もまだまだ綺麗な状態で動きも悪くないので、あと2年は使い続けたいし。

 

というわけで、2年縛りの終わるタイミングで乗り換えです。

auiPhone6SIMフリータイプではない)を使っている私の選択肢は、mineoのみ。

長電話しなければ月2,000円以内におさまります。

スマホライトユーザーの私だと、使い心地もau時代とほぼ変わりませんでした。

 

au2年縛りの期間は、なんだかんだと割引もきいて月2,500円程度だったんですよね。

なので乗り換えで劇的に安くなったというより、現状維持し続けるための乗り換えでした。

月4,000円の差額は年間48,000円ですから、こういうの大事です。