Keep Life Simple

2LDKに一人暮らし。すっきりシンプルなインテリアを目指しています。

寝室の遮光ドレープカーテン

f:id:shirohasu:20170301215155j:plain

我が家は低層階・東向きの部屋。

入居してしばらくは、寝室はミラーカーテンだけで過ごしていました。

入居までに特に気に入ったカーテンが見つからなかったのです。

 

shirohasu.hatenablog.jp

 

実際に寝起きするまで気づきませんでしたが、「眺望=隣マンションビュー」部屋は、隣のエクステリア照明の影響を結構受けています。(光害というやつですね)

夜でも真っ暗にならない上、東向きなので早朝から明るくなって、眠りが浅い状態が続く日々。
めちゃくちゃストレス!というレベルではないけれども、ちょっとこれはイカンな、と観念して遮光カーテンをポチしました。

 

これもなかなかのお手頃価格、でもそんなに安っぽくもなく。

色は、口コミのとおりホワイトというよりはグレーです。

壁紙がオフホワイト系なので、青系のグレーなのが少し気になるところ。

 

f:id:shirohasu:20170301215233j:plain

 

遮光3級なので真っ暗にはなりませんが、これで夜でも外灯の薄明るい感じがなくなって、ちゃんと「夜」になりました。

朝もそれなりに明るくなって「朝」を感じて自然に起きられます。「曇りの日の西向きの朝」のイメージ。

3級でもやっぱり遮光なので、少し光沢が出る質感なのが気になりますが、いままでに見た他の遮光よりは自然な感じ。

 

いまは殺風景な寝室ですが、もっとインテリアに凝りたいと思い始めたらこのカーテンではちょっと物足りないかな…と思いつつ、いまはちょうどいい感じに収まっています。

貯まっていた楽天ポイントが使えたのと、この寝室には遮光3級くらいがちょうどいいとわかってよかった買い物でした。

 

 

寝室の照明はルイス・ポールセン

f:id:shirohasu:20170226110039j:plain

リビングに隣接する6畳の洋室を寝室にしています。

ここでは基本的に寝るだけ。あと、クローゼットがあるので着替えもします。

 

そして天井照明はルイスポールセンのウェアハウス(パークフース)です。

f:id:shirohasu:20170226152228j:plain

 

入居してしばらくは天井照明なしで、手元のスタンドだけで過ごしていました。

寝るだけなので、天井照明は不要といえば不要。(夜にクローゼット整理ができないくらいでしょうか)

なので、私が寝室の照明に求めることは割と最低限。

・ 白熱灯60W程度の明るさのもの1灯
・災害レベルの地震のときに怪我をする原因にならないこと
・デザインは極力シンプルに

特に2の項目は重要。
インスタやピンタレストの海外インテリアの寝室の画像に、「コードを垂らしてハダカ電球のみのペンダント」というのをよく見かけて、特に欲しい照明がまだ見つかっていないんだったらこういうのでもいいかとも思っていました。
でもここは日本。地震で揺れてブンブン振られて壁に当たって電球が割れることも、無きにしも非ず。
このペンダントだと、鋼板の枠で電球が直接衝撃を受けることは免れるでしょうし、コードも頭や壁に当たらないように短く巻きました。
(コードはカットしようかと思いましたが、いつかダイニングに移動して使いたくなるかも?とひとまず保留)


ルイスポールセンの購入先としては、やはり大塚家具がお買い得でした。
定価販売が基本のルイスポールセンが20%off、さらに私が来店したときは現金購入で6%offというキャンペーンをやっていたので、定価だと¥20,000のこのペンダントも¥15,000くらいに。
私はたまたま地の利がよく、無料のシャトルバスに乗ってお店まで行けたので、交通費もかかりませんでした。
敷居は高いものの、商品説明も熱心にしてくれるし、目的がはっきりしているときはいいお店だと思います。フラッと行きにくいのは確かですけどね。

 

 

寝室の透けないレースカーテン、ウェーブロン

f:id:shirohasu:20170226105951j:plain

リビング窓のロールスクリーンを奮発してしまったため、寝室窓はローコストに。

ネットでポチッと済ませてしまいました。(何事もメリハリ…)

 

shirohasu.hatenablog.jp

 

眺望が隣のマンションビューという条件はリビングと変わらず。

予算抑えめという条件下でも、ミラーカーテンの機能にはこだわって探しました。

 

・光は取り入れつつ、外から室内の様子が見えにくい

・質感はマットで目が細かいものがいい

・裾はウェイトロックにしたい

・紫外線ももちろんカット

 

予算抑えめの割には、ハンターダグラスのカーテン版みたいな条件で探す無茶な私。 

でもいまどきなら何かしらあるだろうとKEYUCAでなんの気なしにカーテンをめくっていたところ、気になるレースカーテンを発見。

帝人の「ウェーブロン」という素材を使ったミラーカーテンで、これがなかなかよいのです。
置いてある他のミラーカーテン何種類かと比べてもダントツに透け感がないし、くしゃっとした質感(これはこのカーテンのデザイン)でマットな感じ。
この透けにくさとマット感はまさにビンゴです。

 

このウェーブロン素材を使った他の選択肢はないのか?と探してみると、大体どこのカーテンメーカーでも取り扱っているもよう。

カーテン屋さんでカタログを見せてもらいましたが、同じウェーブロンでも薄いのから厚いのまでさまざま。

でも、私の想定よりは薄くて透け感があるイメージ。そしてやはりちょっと高い。

 

もっと安くしたいんだよなあ…

こだわりのあるところにはお金をかけるけど、そうでないところには生来の貧乏性が…

と思っていたときに楽天ショップで見つけたのがこちら。

 

  

 

なかなかのお手頃価格、かつ質感も透け感も気に入りました。

希望条件すべて満たしてくれているのがこれだけだったので、もうこれ一択だったというか。

 

f:id:shirohasu:20170226110005j:plain

既製品だともっとお手頃価格なんですが、裾をウェイトロックにしたかったので1.5倍ヒダをイージーオーダーで発注しました。

2倍ヒダにしておけばウェイトロックがさらに映えただろうな…思わないでもないですが、そのときは1.5倍ヒダのほうがシンプルだろうし安いほうがいい、思っていたのです。

ベッドに隠れて普段はほとんど目に入らないところだから、そこにお金かけない判断をした私は間違っていなかった。

ただまあ、自己満足の世界の話で…

 

 

調光ロールスクリーン比較・ハンターダグラスとFUGA

f:id:shirohasu:20170222213810j:plain

f:id:shirohasu:20170222214317j:plain

リビング窓は、ハンターダグラスのシルエットシェードにしました。

 

眺望が隣のマンションビューというハンデがあるので、少しでも光を取り込みながらもプライバシーを確保したいということで、調光ロールスクリーンにすることは決めていました。

もちろん第一希望は格別美しいことで有名なハンターダグラスのシルエットシェード。

 そのほかに特許の切れたハンター・ダグラスの類似品は国内メーカーからも販売されています。

安心の日本メーカー、流通売価もハンター・ダグラス定価の半額くらい?なので、類似品で自分が満足できるならそれでもいいだろうとカーテン屋さんに見に行ったりサンプルを取り寄せたりもしました。

 

最初にいいかも?と思ったのがニチベイさんのハナリ。

不織布の質感が障子のような雰囲気で、「和」っぽさが強いなと感じてイメージが違ったので除外。

 単体で見ると気にならなかったのですが、ハンターダグラスと並べてみると余計に「和」を強く感じてしまいました。

逆に和テイストで雪見障子のようなイメージにするならぴったりだと思います。

 

次にカーテン屋さんから勧められてサンプルをいただいたのがFUGAというシリーズ。広島県のメーカーさんらしいです。

左列がハンターダグラス、右列がFUGAのサンプルです。

f:id:shirohasu:20170222222111p:plain

f:id:shirohasu:20170222222824p:plain

並べて比較してみると、似ているようで結構違いがあります。

●ハンターダグラス

生地の目が細かい、接合部が裏表でうまく重なっている、羽根を広げたときの陰影が柔らかいイメージ。羽根の幅が広いのと狭いのとで選べる

●FUGA

生地の目が粗い、接合部の重なりの隙間から細い光の線が漏れる、羽根を広げたときの陰影が強いイメージ。羽根の幅は狭いもの一択。

 

やはり質感が好みだったハンターダグラスに軍配が上がり、予算オーバー気味ではありましたが初志貫徹。

掃き出し窓の場合は羽根の幅が広いほうが空間が広く感じるのでは?と思っていたので、幅広羽根がよかったというのもあります。

 

なかなか紆余曲折がありましたが、しっかり比較もして納得のお買い物ができました。

「いつかマンションを買ったらハンターダグラスを入れたい!」という相当昔からの思いをようやく実現です。

 

 

HAYのダイニングテーブルを買いました

f:id:shirohasu:20170219111845j:plain

入居11ヶ月にしてようやくダイニングテーブルを手に入れました!

(しばらくは賃貸時代から続投のデスクをダイニングテーブル代わりに使っていましたが、サイズや色がイマイチいまの部屋に合わなかったのです)

 

狭い縦長LDなので、ダイニングテーブルはカフェテーブルくらいの小さいサイズにしておきたい。

・天板は白
・脚は床材と同じナチュラル色
・脚のデザインに遊びがある

 

という条件下で見つけたのが、HAYのコペンハーグというシリーズのテーブル。ロナン&エルワン・ブルレック兄弟のデザインです。

私は「このデザイン好きだなあ」と思ったらブルレック兄弟だった、ということが多いのですが、高級ブランド以外のデザインもやってるんですね。HAYやartek、Magisからも出していて、庶民の私でもなんとか手が届く価格帯のものもあります。

 

φ90のサイズ感はどんなものだろうかと少し気になっていましたが、一人暮らし+たまの来客2名程度なので十分な…結構な…いえ、ちょうどいい大きさ。

小さいテーブルにチェアが入ると脚だらけになってしまう懸念があったので、脚がテーブル面の外形ではなく中央から出ているデザインは、よく考えられてるなと思います。

これに合わせるチェアも検討中ですが、そこそこの大きさと価格でなかなか決心できず、とりあえずはアルテックスツールにて。

 

f:id:shirohasu:20170219112217j:plain

天板はオフホワイト。

真っ白ではないので、壁紙や床材、ブルーグレーのソファやアルテックのスツールなど、ニュアンスカラーの家具とも相性がよくて気に入ってます。

 

テレビボードと視聴環境 2

黒物家電SONY白物家電Panasonic信者の私。

もちろんテレビもSONYBRAVIA。49インチです。

f:id:shirohasu:20170218111145j:plain

 

 

先代テレビもSONYで、まだまだ現役(でも8年モノ)でしたが、冷蔵庫や洗濯機を見にいったついでにテレビ売り場にも行ってみたら欲しくなってしまい、なんとなくの新築バブルで新調してしまいました。

当たり前ですが、8年前の分厚い薄型テレビと比べると、4Kテレビは画質・薄さともに素晴らしいです!

 

f:id:shirohasu:20170218111343j:plain

最近のテレビはネットワークテレビ?というらしく、Wifi対応でテレビの中に既にアプリがたくさん入っています。

先代テレビ時代はApple TV経由で観ていたhuluのアプリもテレビに直接入ってる!

観たい番組によってたまにhuluからNetflixに切り替えたり。

Amazonビデオも、テレビのアップデートでアプリが対応し始めてからプライム会員になってしまいました。(早く届けてくれる必要はあまりないですが)

 

さらにCS放送を観るときはこれまでスカパーチューナーやケーブルテレビのチューナーを経由していましたが、マンションにスカパーアンテナが入っているのでテレビ1台で完結します。

これが1番大きい変化かな。最大4個持ち(テレビ・DVDレコーダー・チューナー・AppleTV)だったリモコンが、いまはテレビとAppleTVの2個。

 

AppleTVは、iTunesでデジタル配信されている映画やドラマを購入するとき用。

長年maciPhoneiPadとアップル製品を使っていると、iTunesに集中してしまいます。

(こちらもテレビにiTunesアプリが入ってくれてたらいいんですが、アンドロイドTVなのでそうもいかないようで…)

 

あとは久しぶりに生活に録画機能を取り込んでみようと、録画用ハードディスクも導入してみました。

 

 

調子にのって3TB。

でも届いたばかりでまだあまり使いこなせていません。

 

テレビボードと視聴環境 1

f:id:shirohasu:20170215213613j:plain

 

幅180cmのテレビボードは賃貸時代からの続投、49インチのテレビは新築バブルの勢いで入居に合わせて購入しました。

超薄型テレビと大振りテレビボードのサイズバランスがなかなか気に入っています。

 

テレビボードは扉を閉めたままでもリモコンを通すタイプで、ボード内にコンセントが4個付いているので、モデム類やコードがごちゃごちゃせず外からみてとてもスッキリ。

 

中に収めている機器は、モデム、Apple TV、Time capsulemacのバックアップ)、録画用ハードディスクの4点。

ブルーレイやDVD等の円盤再生機は、引越しの際に手放しました。

ついでにDVDもほとんど処分。

左右は引き出しになっていてソフトを収納するサイズに造られていますが、いまはカメラや家具のお手入れオイルなどを収納しています。

 

最近は映画やドラマはhuluなどのネット配信で観ているし、購入したい新作はiTunesのデジタル配信で買っているので、以前と比べてかなり省スペースでいろんなことが楽しめるようになりました。

 

先日久しぶりに録画用ハードディスクを購入して、あまりの便利さに慄いています。10年もすると視聴環境は一変しますね。