読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Keep Life Simple

2LDKに一人暮らし。すっきりシンプルなインテリアを目指しています。

難病患者の住宅ローン

マンション購入

実は私は、持病があって生命保険はもちろん、住宅ローンを組むのに必須の団信にも入れません。

難病にも指定されていますが、指定されてるからといって特に恩恵を受けるわけでもない程度に健康で、普通の社会人生活を送っています。

 それなのにフラット35の一択、この低金利時代に惜しいなあ、残念な私…

と思っていましたら、マンションの営業さんが探してくれて、こんな私でも声をかけてくれた銀行が2行ありました。

 

条件としては、

①頭金を物件価格の3割以上入れること

②連帯保証人をつけること

この2つを満たせば、団信に加入できなくても(特に金利が高くなることもなく)受け付けてくれるとのこと。

 

頭金は引渡しまでに貯金を頑張ればなんとかなる。

連帯保証人は、ローン返済半ばで私が死んだらマンションは売るなり貸すなりしてね!ということで親に頼みました。

なので、10年以内に返済し終えるのが目下の目標です。

うちの隣の空き部屋が、売り出し時の価格+1800万(!)で中古市場に出てるようなので、しばらくはマンションが二束三文になって迷惑かけることにはなるまいと思ってますが、なるべく早く連帯保証人を外しておきたいですからね。

 

そういうわけで無事、変動0.625%の35年ローンを組むことができました。

私の選択肢のなかでは1番いい条件です。

もちろん、病気の進行度合いや収入にもよると思いますし、世の中難病持ちに優しくないと思うことは結構ありますが、私の住宅ローンは納得いく落としどころに持っていけたなあと思ってます。